• Home
  • Sitemap
  • Korean
  • English
  • Chinese
  • Russian
  • Mongolian

home
診療案内
証明書発行

  •    処理期間は当日処理を原則とし、やむをえない事由がない限り最大3日を超えないものとします。発行手順は次の通りです。

  •    該当診療科に無料受付⇒医師と相談して写しが必要な部分を決定⇒医務記録の閲覧・複写申込書を作成⇒写しの発行費用を収納⇒医務記録課で複写⇒該当診療科に送付して患者に渡す
1. 患者本人が写しの発行を求める場合
  • 医務記録の閲覧/複写申込書を作成
  • 身分証を確認(申込書に身分証を複写)
2. 患者本人以外が写しの発行を求める場合
  • 1) 患者の家族が写しの発行を求める場合
  • 医務記録の閲覧/複写申込書を作成
  • 患者との関係書類(住民登録謄本,戸籍謄本)
  • 患者が直接作成して捺印した委任状
  • 申込者の身分証を確認
  • 2) 代理人(第三者)が写しの発行を求める場合
  • 医務記録の閲覧/複写申込書を作成
  • 患者本人の印鑑証明書
  • 患者が直接作成して捺印した委任状
    (印鑑証明書の印鑑と委任状の印鑑が必ず一致しなければなりません。)
  • 申込者の身分証を確認

1. 発行手順
  • 外来
       診療受付→担当医師との面接及び発行申込後に受領→収納→事務課で確認
  • 入院
       病棟で発行申込書を作成及び受付→担当医師が作成発行→事務課で確認
  • 担当医師の捺印及び医院長の職印のないものは無効です。
  • 第三者が診断書の発行を求める場合、患者が指定する代理人は委任状と患者の印鑑証明書を提出すると発行されます。
2. 診断書の写しの発行
  • 事務課の諸証明発行窓口にお越しになれば発行されます。
3. 入退院確認書の発行
  • 諸証明発行窓口にお越しになれば発行されます。

  •    患者本人がお越しになる場合、診察券と身分証を持参して事務課にお越しになれば、申込後すぐに発行されます。
home